近所の島に調査に行ってみた!エギング・アジング・ちょい投げ!?前編

オキムです!

今回もまたまた、アオリイカ釣れなかったシリーズ(泣)をお届けしたいと思います。

あんまり前振り長くなって、実釣は後編からになってます。

前編は「釣り場にたどり着くまで!」という構成になってますので、お忙しい方は後編の記事を少し待ってて下さい!

 

スミマセンm(__)m

 

船で行く離島の釣り

今回は小倉の砂津港から連絡船に乗って、小倉沖の藍島に釣り調査に行ってきました。

最近では釣りよりも「猫の島」で有名らしいですね。

 

「船で島に渡って釣りをする」というとワクワクしますが、コチラの渡船は基本島民の足としての利用なので、就航本数が少ないのと就航時間が釣りには向かないのが難点です。利用の際は船の運航時刻をよく確認のうえ、利用するようにしてください。

悪天候時には帰り予定の便が欠航ということもあり得ますので、行ってはみたものの帰れない!!ガーン…なんてことにならないよう、運航時刻と天気をよく考慮して釣行するようにしましょう!!

(私は一度経験があります…恥。)

 

「こくら丸」 馬島・藍島 運航時刻表はこちら

 

またお客さんがあまり多い時は、整理券が発行されます。

貰えなかった人は当然乗船できませんので、海水浴シーズン等混雑が予想されるシーズンには、少し早めに発券所へ行くことをお勧めします。

 

久々船にのる

 

f:id:okimusan:20170521211909j:plain

今回は午前10時半・砂津港発の船に乗って、翌朝7時・藍島発の船で帰る予定。

途中スーパーでお弁当やお茶、釣具店で氷と青ケビン50Gを購入。

10時には渡船場へ到着したものの、切符売り場横の駐車場は満車。仕方なく裏手の立体駐車場を利用しました。

(画像を見ての通り、小倉AIMのすぐ裏が渡船場。自販機横が少ないけど有料駐車場です。船から近いのが👍。)

f:id:okimusan:20170521213139j:plain

「こくら丸」

 

f:id:okimusan:20170521213058j:plain

今回の荷物の全部。これ以上は削れません…(;^_^A

最近の状況がさっぱり分からないので、「エギング」「アジング」「キスのちょい投げ」どれかは当たるでしょ…ってことで三つ準備して行きました!

そもそも仲間内では「猫の島」っていうより、「アジの島」って言うくらいアジが多い所。今回もアジングだけは外さないと思ってた…。

 

【 今回の荷物 】

 

ロッドケース :

 アジングロッド 1本

 エギングロッド 2本

 玉の柄&枠 

 

クーラー :

 氷

 お茶(2ℓ)

 青ケビン50G

 お弁当(3食分)

 

タックル・バッグ :

 リール 2(10ステラ 1000S、2000)

 偏光レンズ

 アジング・小物

 エギング・小物

 ちょい投げ・小物

 レインスーツ(上着)

 水汲みバケツ&ひも

 キャップライト

 タオル 

 

 これだけでも結構な重さですよ(15キロはあります…)。

 

f:id:okimusan:20170521215702j:plain

10分ごろには搭乗券の販売が始まります。藍島往復大人800円。

(天候次第では直前まで運行されるかどうかが分かりませんので、早く着いたからと言ってすぐに乗船券は買えません。)

 

左の【往】の方を切り取って、乗船前に改札で渡します。

【複】の方は、帰りの船を下りて改札を出るときに回収されますので、それまで大事に保管してください。

 

15分ごろになると改札が空いて乗船できます。

一階客室以外に、二階席もありますので風や波のない日はコチラもおススメです。

(天候によっては波を被りますのでお勧めできません。あと排気ガスの匂いが結構キツイので、苦手な方は一階客室の方が無難ですよ。)

 

出航!!

f:id:okimusan:20170521221537j:plain

予定時刻に砂津を出発!運航時間は、途中馬島を経由して35分とのことですが、天気や乗員数によっても多少前後するようです。降りる客がいない時など、馬島に立ち寄らないことも…。

 

f:id:okimusan:20170521222207j:plain

f:id:okimusan:20170521222156j:plain

二階席からの眺め。涼しい風もさることながら眺めが最高ですね。住んでいる町を海上から一望するというのもイイモンです。

小学生だと八幡製鉄や若松の発電所、コンビナート群なんか見ると、社会科で勉強する内容を間近で見られて喜ぶかな~。

門司(小倉)と戸畑、若松、彦島がこんなにも近いなんて思わないでしょうね。

 

そうこうしているうちに馬島に到着。島民と釣り人、荷物を少し下してすぐに港を離れます。

f:id:okimusan:20170521223213j:plain

馬島も釣れないことはないと思いますが、港がこの船着き場しかないことと、藍島に比べて全体的に水深がないことから、大抵の釣り客は藍島を目指します。

キスは良く釣れるそうで、キス釣りで馬島へ降りる釣り人は多いそうです。

昔は待合室もトイレも無かったですが、最近は随分港も整備されたようなんでどうなんでしょう。私もわかりません。

 

f:id:okimusan:20170525002320j:plain

 藍島まで来ると、白島石油備蓄基地が間近に見えてきます。

 

 

藍島到着

やって来ました藍島!船の発着場・本村漁港です。

f:id:okimusan:20170521224405j:plain

f:id:okimusan:20170521224138j:plain

藍島には本村漁港を含めて3つの漁港があります。残りは大泊漁港、寄ノ浦漁港です。

漁港の規模、水深、滞在時間(移動時間)を考えると、大抵は本村漁港での釣りがメインになります。

 

f:id:okimusan:20170521225938j:plain

 船を降りてすぐの待合所。

ある意味釣り人にとっては、ココがキャンプ基地みたいなもんです。

トイレがあって、自販機があって、夜間も待合所は開放されているので雨や風がしのげます。

(但しトイレはあまり綺麗ではありません。しかも男女兼用みたいです…。女性にはちょっと覚悟がいるかな…。)

 

 大抵の釣り人は本村漁港で釣りをします!

と言っておきながら、私は一番遠い寄ノ浦を目指しました!(笑)

船乗り場から寄ノ浦まで、片道25分の道のりです。

f:id:okimusan:20170521225655j:plain

本村漁港傍の島唯一の購買所。

でもいつ開いてるのか良くわかりませんので、必要なものは事前に買っていきましょう。チラッと見たらこの日は営業9時~12時(3時間だけ)みたいなこと書いてました…。

あと猫が多いのはこの辺です。誰かエサをあげてるみたい。

 

購買所を過ぎて、あとは延々と細い道路を島の北へ歩くだけなんだけど…。

f:id:okimusan:20170521231744j:plain

自然がいっぱいと言えばまあそうだ。

結構ビワとか植えてありましたね。

 

f:id:okimusan:20170521231753j:plain

ネットが張ってあるけど、何がいるんだろうね。島にもイノシシとか猿とか居るのかな。

などと余計な事を考えながらひたすら歩く。

 

f:id:okimusan:20170521231758j:plain

そういえば鷹?鷲?みたいの居ましたよ。ちょっと小柄だったけど、トンビじゃなかったぞ。ちょっと品格あったもん。

こっちの地域にいるのって何鷹(鷲)でしょうね。

 

f:id:okimusan:20170521232634j:plain

緩い下りになって、ついに目的の海が見えてきました!

もう腕も肩も脚もパンパンです。

これでもし大漁だったら、無事本村まで帰りつけるだろうか…!?などとあり得ない想像をします(笑)

 

f:id:okimusan:20170521233021j:plain

これが寄ノ浦漁港。水深も結構あって(5~8m位?)釣りもし易そう。

 本村に比べると小さい漁港なんで、もし先客がいて釣り場が空いてなかったら、今来た道を25分かけて帰らねばなりません。それが怖いんで大体の釣り人は本村漁港での釣りを選びます。

幸い今回は釣り人はいませんでした…ホッ!

あとアジに関しては本村漁港の方が手堅いような気がします。

通年を通して釣り人のエサが入っているからでしょうかね。

 

f:id:okimusan:20170521233048j:plain 

感じの良い藻が足元に茂ってます。写真は撮り忘れましたが、漁港表側も如何にもって釣り場ですよ。

 

後編へ続く…

 

前振りが長くなりましたので、実釣報告は後編にて!

ここまで盛り上げておいて何ですが、アオリイカ釣れてませんので悪しからず…m(__)m

 

なるべく早めに後編アップしますネ!ではまた~!

 

 

スポンサーリンク