タイラバ!できるとこを自作する!【ルアー自作活動報告⑩】

オキムです!

久しぶりの記事更新になります。

ちゃんと生きてます(`・ω・´)

雨続きで釣りに行けてないのもありますが、まさかのルアー製作の方にもこの雨の影響が出ている現状です。

 

最近買った便利なもの!

僅かですが、夏のボーナスを頂いたのでコレ買いました!

 

f:id:okimusan:20190721232514j:plain

f:id:okimusan:20190721230512j:plain

『タニタのデジタルスケール』

200gまでは0.1g単位、200gから2キロまでは1g単位の計測が可能です。

今まで昭和時期のアナログ計りを使ってましたが、これはホントに便利。

最近2液タイプの塗料やシリコンの混合をする機会が多いので非常に重宝しています。

 

 

先にも説明した通り、梅雨時期はルアー製作に向いてないですね。

というより湿度が高いと塗装作業ができないです。

 

完成目前っていうか、もう完成でもいいかな♬ってルアーたちにダメ押しでクリアコーティングしたら、表面が泡だらけになってしまいました。(泣)

 

f:id:okimusan:20190721232838j:plain

結局アセトンに浸けて塗料を剥がし、振り出しに戻ってしまったルアーたち(泣)

 

f:id:okimusan:20190721232620j:plain

気を取り直して翌日から塗装を再開しましたが、赤のラッカースプレーを吹いたら見たことも無いぼやけた色になってしまって…。

 

f:id:okimusan:20190518024516j:plain

以前吹いたときはこんなに鮮やかなメタリックレッドだったのに。

 

調べてみると湿度が高いとラッカー塗料は高確率でこんな風になっちゃうみたいです。

ヒーター当てながら塗装するとか、何かしら方法はあるみたいですが…。

まぁ余程じゃない限り、雨の日、湿度の高い日は塗装作業はNGってことです。

お天気の良い日に塗装し直し(*´ω`)

 

お天気の日は釣り♬

雨の日は工作♬

って思ってたけど、そう上手くはいかないみたいです。

 

タイラバ仕掛け自作!?

雨の日でも何かできることは無いか…!?

タイラバヘッドはもう幾らか在庫もできたので、タイラバの仕掛けの方を作ってみることにしました( *´艸`)

 

f:id:okimusan:20190721232939j:plain

セリアという百均ショップで手に入れた『ロリポップスティック』

 

どこかのサイトで見た時は白一色だったけど白黒の二色組になってました。

そもそも『ロリポップスティック』が何なのかが分からず、店員さんにコレ下さい!と携帯画像を見せたら、店員さんも首を傾げてしばらく探し回り…。

 

有りました!お菓子コーナー!

結局これって飴の柄の部分なんですねw

(タグの上の方にちらっとイラストがあるけど)

 

f:id:okimusan:20190722000732j:plain

カッターで軽く切れ目を入れたらポキッと簡単に折れます。

私は9ミリ幅でカット!

 

f:id:okimusan:20190722000803j:plain

後はライターで火傷しないように両端を焙るだけ。

焙ってすぐに触ると穴が潰れちゃうので、冷えて固まるまで我慢&放置。

 

f:id:okimusan:20190722000852j:plain

市販品(上)との比較。

まんま同じとはいかないけどこれで十分でしょう!?

市販品だと5~6個入って300円くらい。

自作品すれば108円で何百個か作れてしまいますヾ(*´∀`*)ノ

 

f:id:okimusan:20190722000825j:plain

先程申しましたように、ライターで焙っただけで口元は上手く丸まって、穴も潰れる事はありません。

 

f:id:okimusan:20190722000930j:plain

スティック2本であっという間にコレくらい作れます♬

 

f:id:okimusan:20190722000958j:plain

大雨の休日、丁度モノタロウから注文していたシリコンチューブが届いたので、仕掛けを組んでみました。

シリコンは結構伸びる素材なので、サイズがイマイチ分からず数種類頼んでいたのですが、ロリポップスティックには内径3ミリのシリコンチューブが丁度良いみたいです。

(今回使用したのは内径3ミリ外径5ミリ、1mで150円位でした。)

 

f:id:okimusan:20190722001025j:plain

シリコンチューブを6ミリ程度にカット。

不要なラインを使って市販のネクタイとスカートをチューブに引き入れます。

 

f:id:okimusan:20190723013909j:plain

あとは先程作成したパーツをシリコンチューブに挿し込みネクタイとスカートを固定、針を結んだ仕掛けをパーツの穴に通したら完成です。

 

f:id:okimusan:20190722001059j:plain

シーハンター8号、がまかつ伊勢尼8~10号。

 

f:id:okimusan:20190722001130j:plain

こんな感じ♬

ネクタイとスカートを自作することも考えましたが、現状市販品以上のものを作れそうにないし、セール時に買えばそんなに高いものじゃないので…。

ちょっと考えてる方法はあるので上手くいったら紹介しようと思います。

 

f:id:okimusan:20190722001154j:plain

自作のヘッドに組み合わせるとこんな感じ♬

 

f:id:okimusan:20190722001222j:plain

テスト釣行に向けて準備は整ってるんですがね。

雨が、風が…(>_<)

ってことで今回はタイラバ仕掛けを自作したよ!ってお話でした!

では~!

 

参考にした記事はこちら♬

turibitotm125.seesaa.net

 

オススメ記事&スポンサーリンク