セフィア エクスチューン 804L+ 

オキムです!

今年はまだ一度もエギングらしいエギングに行ってません。

にも関わらずちょっと楽しそうなエギングロッドを発見!

買ってしまいました~

近場に試し振りに行って来たのでレビューなどしてみたいと思います。

 

シマノ エクスチューン 804L+

 

今回購入したロッドはシマノの『セフィア エクスチューン 804L+』というモデルになります。

昨年発売のモデルなので今更って気もしますが。

 

f:id:okimusan:20180609223516j:plain

f:id:okimusan:20180609225148j:plain

※シマノHPより抜粋

 

ソフトチューブラーが採用されているのは706ML、804L+、805ML+、808L+の4機種のみ。

リールシートはアップロック方式。

エンドグリップの長さは、竿尻からリールシートの前側フードまでが333ミリ(全機種共通)。

 

外観レビュー

f:id:okimusan:20180609223816j:plain

ティップ部は『Xガイド』搭載でかなり小径のガイド設定になっています。

"持ち重りの軽減"と"絡み防止"という事ですが、確かにダルさはなく糸絡みも少ないように感じます。

小径ガイドセッティングが飛距離に悪い影響を与えている感じもしませんね。

 

f:id:okimusan:20180609223820j:plain

ベリー、バットセクションはドルザイトガイド。

 

f:id:okimusan:20180609224848j:plain

グリップの上側にはカンナキーパーが標準装備。

 

【カンジ・80プロキシミティとの比較】

f:id:okimusan:20180610205808j:plain

リールシートは両方ともアップロック方式です。

エンドグリップは2センチほどエクスチューン804L+の方が長い(333ミリ)。

 

f:id:okimusan:20180610210127j:plain

ティップセクションの比較。

804L+(左)、80プロキシミティ(右)

ソフトチューブラー採用のエクスチューン804L+はイカに違和感なくエギを抱かせることができます。

80プロキシミティはパキパキな高弾性カーボン採用なので振動伝達に優れています。

ティップの曲がりでアタリを感知することは難しいけど、手元に伝わる負荷の変化で底質や潮、イカのアタリを感知できます。

 

試し振り!

どんな具合か2時間ばかり試し振りに行ってきたのでレビューします。

勿論イカは釣れませんでしたけど。

 

f:id:okimusan:20180611010056j:plain

シマノのエギングロッドって"袋"付いてなんですね。

(ロッドベルトは2ケ付いてます。)

この状態で釣り場に持ち込んだら、「竿買って釣り場直行かよ…(汗)」みたいな目で見られてました。(汗)

 

f:id:okimusan:20180609225023j:plain

この金属的なリールシートは好き嫌いが分かれそうです。

嫌いじゃないけど冷たくて重たく感じるので、シンプルなEVAタイプの方が好みです。

実際は金属じゃなく、プラスチックにメッキしてるだけなのでとても軽いです。

家でリールをセットした感じちょっと持ち重りするかなとも思いましたが、"現場"では大して気になりませんでした。

 

f:id:okimusan:20180609230347j:plain

試しにヤマシタのエギ王Q3.5寸(ノーマル)からスタート。

水深5~6m、潮は緩いですが二枚潮なのでしゃくった感じは結構重たいです。

スラッグジャークだと気持ち良くしゃくれますが、HPSJ(ハイピッチショートジャーク)は厳しい感じです。

ロッドの弾性に吸収されて跳ね上げきれない感じです。

『エギ動かね~』

 

3寸に交換してみました。

シャクリ感は軽くなりますがやっぱりHPSJは厳しいですね。

 

あと腕のリーチが短い私にはエンドグリップが少し長く感じました。

シャクリパターンによっては服にかかるのでストレスになりますね。

まぁそのうち慣れると思います。(?)

 

ファーストインプレ

現在のエギングロッドには『しゃくるためのロッド』『イカを乗せやすいロッド』の2種類があると思います。

春イカで中心となる3.5寸(場合により4寸)をストレスなくしゃくるためには張りの強りバットとベリーが重要になりますが、違和感なくエギを抱かせるにはソフトティップの方が有利です。

勿論釣り人側もアタリが見て取れると楽しいですし。

『張りのあるバットとベリー』、『ソフトなティップ』この性質の違う2つを破断のリスクなく接合するのはかなり難しい技術だと思いますが、やっと近年になって実用可能なものが出てき始めましたね。

 

①気持ち良くしゃくれる

②イカが違和感なく乗る

③掛けて楽しい

この3つを満たすロッドを期待していましたが、あと少し①が足らないかな。

今の私にとっては沢山の釣果より、『アタリを待つことの楽しさ』と『掛けてからのやり取りの楽しさ』に重点を置きたいので狙い通りなロッドではあります。

 

今後はどんな風にしゃくれば思ったようにエギが動かせるのか、しゃくり方の研究とこのロッドにあったエギを探してみようと思ってます。

使っていくうちに新たな利点や欠点など見つかると思うので追記していく予定です。

ではまた~!

 

 

 

そういえば2018年6月 末発売予定でエクスチューン804L+の少しパワー上げたモデルが発売になります。

 

f:id:okimusan:20180610222103j:plain

エクスチューン805ML+というモデルですがこちらだと『全部入り』なんですかね~

完全に沼な気がします。

 

 

オススメ記事&スポンサーリンク